ハースストーンvsシャドウバース比較ってどうよ?初心者はこれだろ!

シャドウバース比較違い

ハースストーンとシャドウバース、どっちやろうかな?って悩んでる初心者の方、けっこういますよね!

そこでここでは、ゲーム初心者による比較を紹介しますね♪

ハースストーンとシャドウバース、なにかと比較されることが多い、この2つのゲーム。

カードゲームや、スマホゲームなどを、がっつり経験者の見方と、カードゲームやスマホゲーム全くの初心者では、見方や感じ方が違うのではないでしょうか?

そこで、ここでは、ゲーム初心者の完全主観で比較しちゃいましょう♪

 

ハースストーン無課金LP

ハースストーンvsシャドウバース比較表

 

まずは、ゲーム仕様など大まかな比較♪

まあ、ここは誰がやっても、かわり映えしないところだと思いますが。

シャドウバース ハースストーン
基本仕様
プレイヤー数 900 万人 7,000 万人
リリース日 2016/6/17 2014/3/11
料金 基本プレイ無料
ゲーム内課金アリ
基本プレイ無料
ゲーム内課金アリ
海外の評価 アメリカほか人気上昇 世界規模で安定した人気
大会賞金 700 万円 1 億円
配信サイト ニコニコ生放送 twitch
運営会社 Cygames Blizzard Entertainment
ゲーム内容
声優 あり あり
カードデザイン 美少女系 クラシカル
カードの種類 フォロワー、アミュレット、スペル 魔法、秘策、武器、ミニオン
独自要素 進化 ヒーローパワー
ソロプレイ ストーリーあり アドベンチャーは廃止。拡張パックにストーリーが無料で付属。
キャラクター 7 人 9 人
ミニオン 配置選択不可 配置選択可:位置で効果の違いあり
デッキ枚数 40 30
デッキ内レジェンド 3 1
デッキ内同一カード 3 2
ゴールド作成 プレミアムオーブ:条件難 魔素:容易
レジェンド出現確率 なし 40パック中1枚確定

 

最大の違いはやっぱこれだろ!

 

シャドウバースとハースストーン、コアなゲーマーなみなさん曰く、戦略要素とか、ゲームバランスとか、いろいろあるみたいですが、初心者にとっては、あんまし関係ないんですよね。

やってみて、楽しいかどうか!?だけ。

で、やっぱ一番の違いはこれでしょう!

海外の評価が高いのも、ぶっちゃけ、ここじゃね?

それは、カードデザイン!

両者の違いが一目瞭然!

このカードのデザインが、すべてを表していると言っても良いのではないでしょうか?

 

  • シャドウバースのカード~まさにジャパニーズ美少女アニメ!

 

シャドウバース比較違いシャドウバース比較違い

 

  • ハースストーンのカード~古のカードゲーム感満載!

 

初心者攻略リセマラやり方

 

ハースストーンの広告が話題に!

 

そうそう、ハースストーンのこんな広告、知ってましたか?

2016年、シャドウバースのリリース後にハースストーンが流した広告です。

さすが、Blizzard!アメリカの会社!って感じですよね。

Blizzardは、以前「臥龍伝説」(開発元:上海游易网络科技有限公司)を訴えて勝訴しているんだけど、こんな広告打っている割には、シャドウバースに対しては放置プレイなんですね。

 

っても、TGC:トレーディングカードゲームは、全て「MTG:マジック・ザ・ギャザリング」のパクリと言えばパクリなのではないかなあと・・・♪

⇒マジック:ザ・ギャザリング (Magic: The Gathering)wikiはこちら

 

ゲーム市場での売り上げ

 

ハースストーンvsシャドウバースの売上比較は以下の通り。

ハースストーンは世界展開していますから、海外の評判も高いことが判ります。

対して、シャドウバースは2016年スタートでこの売上はスゴイ!

ジャパニーズ・アニメなカードデザインは海外の評判も良いようなので、2017年はハースストーンを凌駕すると言われていますね!

 

世界のゲーム市場:2016年売上データ(SuperData:venturebeat.com)

ハースストーン 394億円

シャドウバース 110億円

WWE SuperCard 23.9億円

遊戯王デュエルリンクス 23.9億円Magic:The Gathering 20.6億円

 

課金ゲームはどっちだ!?課金ゲー上等!

 

ハースストーンがシャドウバースより「課金ゲームだ!」と言われる理由の一つに、売り上げデータがあります。

「売り上げが大きい=課金ゲーム」

と言うわけですが、それって悪いことでも何でもないんじゃね?ってのが私見なんですよね。

 

「課金しないと勝てない、進まないゲーム=悪」

みたいな意見があるけど、思い切りナンセンスですよね~♪

課金ユーザーが有利って、当たり前の話。

ゲームに限らず、世間一般的に「無料で貰えるのはサンプル」だけで、「本格的に使いたければ買ってね!」が当然です。

 

なんですが、シャドウバースもハースストーンも、無課金でもかなりのレベルまで行けちゃいますよね。

両方とも、クエスト・クリアすればそれなりにゴールド稼げるし、デッキ作れるし。

 

スマホやPCゲームを見ていて思うのが、「よくまあ、こんだけのものを無料で出すよなあ~」

まあ、ゲームに限らず、この手のシステムは一度ベースロジック作っちゃえば、あとは被せるもの変えるだけだから、リアルなモノ作りよりも圧倒的に安上がりで短期間で出来ちゃいますけどね。

 

反面、見た目が違うだけで中身は同じだから、すぐに飽きられる。

毎月毎月、何十本とゲームはリリースされるけど、1年後にもアクセスあるゲームなんて、ほとんど無いですもんね~

 

そうしたゲームの中で、「ねこあつめ」なんて、超ユニークだなあと思います。

ほかのゲームとは一線を画するロジックとアイデアじゃないかなと。

ただ、ガンガン攻めるゲームじゃないから、ゲーム会社としては、課金ポイント低くて全然お金にならないのが、かわいそうになってしまいます♪

 

無課金攻略の難易度はどう?

 

初心者目線では、両方とも無課金でもかなりのレベルまで行けちゃいます!

両ゲームとも、対戦時に即決即断できるレベルで、「カードの知識」「戦略」「メタの理解」は必須になりますが、それがあれば、無課金でもかなりのレベルに到達出来ちゃいますよね。

うまくなれば闘技場とかでも報酬稼げるから、強いデッキ作れるし。

 

ハースストーンに関しては、毎週開催される「酒場の喧嘩」で報酬稼げるようになると、けっこう大きい!

ここで勝てるレベルになるまでが、ちょっと大変ですけどね・・・

 

始めたばっかりの時点だと、シャドウバースの方が、初心者チックでやりやすい感じがあります。単純に、強いカード持てれば勝てるし、運に左右されることが少ない気がします。

 

カードデザイン的にも、とっつきやすいし、判りやすいのはシャドウバースかなあ~♪

でも、運が良ければ、上位者にも勝てちゃうハースストーンも面白い♪

 

「運要素」に関しては、良い悪いを論じるのは、これまたナンセンス!

開発者の考え方で、Blizzardは「ベテランが初心者に負けるという運要素がある方が楽しい!」と公言しているわけです。

シャドウバースは、「がっつり強いカードを回せれば勝てるから楽しい!」ってのもありますよね。

たいしてハースストーンは、「強いデッキでも、”事故”れば負ける!」ってのが面白い!とも言えます。

これはもう、好みの問題ですね。

 

初心者こそ両方ともやってみよう!

 

シャドウバースとハースストーン、どっちやってみようかな?

悩んだときのおすすめは、ハースストーンもシャドウバースも、両方ともやってみよう!

ネットの意見なんて見ない気にしないのが一番!

自分で両方やってみて、自分で判断するのが一番ですよ!

 

ハースストーンも、シャドウバースも、コアなファンが、互いに貶しあうのが一番つまらない。

初心者的には、そういう人たちがいるゲームって、入りにくいんですよね。

気にせず、両方楽しんじゃうのが一番です♪

 

【まとめ】HSvsシャドバ比較ってどうよ?初心者はこれだろ!

 

そもそも、比較することに意味はあるのかな?

無料でスタートできるのだから、どっちが面白いか?なんて人に聞くより、自分でやってみればいいだけの話かなと。

しょせんゲームなんだから、やってみて、楽しいと思った方をやれば良いだけの話。

で、課金してもいいな!って思えば課金すればいいし、課金してまでは・・と思うならしなければいいだけの話。

 

でも、課金してもやりたい!けど、ぶっちゃけ、経済的な事情からそうもいかないよ・・・ってありますよね!

 

と言うわけで、おススメの方法も一応ご紹介しておきますね♪

 

レジェンドカードや新パックを無料にする裏技

ハースストーンを楽しくプレイするにはレジェンドカードや新パックが欲しい!

レジェンドカードは最初の10パックで必ず出るとはいえ必要なGは1000G!

しかも、その後レジェンドカードが出るのは20パックに1枚!

なんと!2000Gで1枚という確率。

無課金初心者にとっては絶望的な数字ですよね・・・

そこで朗報!

レジェンドカードや新パックを無料にする裏ワザを紹介です。

ココをタップしてiTunes・Googleplayギフトコードを今日すぐ5000円分ゲット!

ハースストーン新パックも歓迎バンドルも無料にしよう!

ハースストーン無課金LP

 

 

スポンサーリンク

2 件のコメント

  • 表 ソロプレイの欄、ハースストーンとシャドウバース逆です、また、アドベンチャーは17年第2拡張からすべての拡張に付属したものになるので、ソロプレイ要素がなくなるわけではありません。
    またデッキ枚数から下がハースストーンとシャドウバース逆です。
    あとハースストーンのレジェンド40パックに一枚はあくまで超運が悪い人への最低保障であり、確率上は一パック百ダスト、期待値16パックで一枚好きなレジェンドが作れます。
    さらに、ハースストーンには新規向けの一回限り歓迎バンドル(6ドルで10パック+ランダムなクラシッククラスレジェンド)があるので、少額課金に抵抗がないならおすすめです。

    • ななしさん、コメントありがとうございます!
      まるっきり入れ替わってましたね!間違い指摘、ありがとうございます。
      レジェンド救済タイマー、実際にパック開けてみると、もっと出る感じありますが、期待値的には、16パックで1枚ですか!
      これ知っているだけで全然違いますね!
      歓迎バンドルは、初課金で買いましたが、ホントお買い得ですね!
      情報、ありがとうございます!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    eighteen − 17 =